(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

言葉のニュアンス?

  • miura
  • 2019/02/15 (Fri) 16:18:25
昨日のバレンタインデーに男は根拠もなく期待し女は冷静に過ごす。会社によっては義理チョコを廃止したところもあるそうだが、嫌いな人に義理と言えども渡したくないはずで、それを押し並べ義理で渡すのはやめた方が賢明です。愛はなくても日頃のお礼に感謝チョコなら女もあげる相手をチョイス出来るので男性も日頃から行いを正すかも?

秋篠宮殿下の結婚問題に対するお言葉の中で、「それ相応の対応」この言葉のニュアンスがどう言う事か小室さんには伝わってない。この言葉の裏にあるニュアンスを小室家が理解しなければ解決も前にも進まない。それと同時に天皇家でも我々庶民でも結婚での親子の考えの相違は同じなんだと思いました。

テニスも下手だ!と言うニュアンスを、叱咤激励の意味にとるかそのまま下手だととるかでは全然違う。言葉は簡単に発する事は出来るがそこにある心の言葉まで解るのはなかなか難しい(..)

2月は逃げると言うが半分が過ぎました梅を見るなら今週です

バレンタインデー

  • miura
  • 2019/02/14 (Thu) 06:39:50
なかなか気持ちを伝えられない女の子には有難い日かもわかりませんが、その何倍もの義理チョコが売れるのはどうか?渡す方にも問題があって義理なら見返りは求めてはいけません。海老で鯛は釣らない!

人には色んなタイプがあって、自分に厳しく他人に優しいのはいいが、自分に甘く他人に厳しい人とテニスをするのはかなりメンタルが強くないと心枯れてしまいます。勝敗に拘る事は必要だがそれが前面に出てしまうとこれは厳しいものがある。こう書くとあなたはアスリートではないと言われそうだが、日々の練習の延長にある試合で勝敗に拘り過ぎるとストレスだけが溜まるように思います。柔よく剛を制す!を目指している私です。

桜田大臣の発言には「がっかり!」その大臣を庇う総理にも「がっかり!」総理は国民に優しく自分には厳しくあって欲しい。

白血病は治る病気

  • miura
  • 2019/02/13 (Wed) 15:46:58
池江璃花子選手の白血病は驚きと怒りと可哀想過ぎて私まで暗い気持ちになってます。これが怪我なら時間が解決してくれるのだろうが病気となると治療に不安も相まって彼女の悔しさはどれほどのなんだろうか?オリンピックはどうでもよく元気になって欲しいと願わずにはいられません。

ラケットを変えて良くなった事だけではなくグリップが少し大きくなると腕が悲鳴をあげた。昨日は痛くてサーブを2カゴ打てなかった。今日はエルボーで試合どころではなかったがなんとか最後まで練習が出来たのは負けん気の強さかな?
池江璃花子選手もその負けん気の強さで病気に勝ってくれるはずです。

試合をしててペアにアドバイスをするのは悪いことではないが、それも度を越すと対戦してる我々もやりにくい、その人の為を思っての事なのはわかるが先ずは試合しましょう。細かく言うと相手はその人のところにボールを持っていけなくなるのです。

びっくりと何で?

  • miura
  • 2019/02/12 (Tue) 17:06:11
テニスから帰ったら大坂なおみ選手のコーチ解任・何で?買い物から帰って来たら池江璃花子選手白血病・何で?一寸先は闇と言うけど何が起こるかわからない世の中だ。18歳でまだ高校生の前途ある若者が夢に向かってる若者が何でここで止まるのか?悔しくてなりません。水泳は置いといて元気になって欲しいと願うだけです。
歳をとるのは嬉しくはないが歳をとらないと年金が貰えない。60で微々たる厚生年金に62で年金分割を貰えるようになりましたが、これも生活出来る金額とは程遠いが、100%蓄えからまかなってた生活費なので少し貯金の残高がなだらかになって貰えたら少ない年金も有難い。そうなると65になって基礎年金も貰えるようになればもっと楽にはなるんだろうが、それまで元気で生きてるのも大変だ〜後は大きな出費がないことを祈るだけ??

今日は2月とは思えないくらい暖かい一日、テニスには最高の日で参加者もたくさんいました。最近ちょっと調子がいいのでこんな時は意外に注意が必要です(^-^;

便利は幸せ?

  • miura
  • 2019/02/11 (Mon) 08:01:51
みんながカメラを持って生活しているのは幸か不幸か?飲食店やコンビニの店員の動画は店にも迷惑をかけ我々に不快感だけが残る。snsが役に立ってるのか逆にこんな事に使われてるとしたら無い方がましだ。今は至る所にカメラがあってこれは犯罪があった時など役にはたつが自分がいつ何処で何をしたかが全てわかるのは恐い。プラス家の中に盗聴器なんて置かれてたらどこで安らぐのだ?そもそも盗聴器なんて物を簡単に買えていい物か?今更携帯のない生活は考えられないがその携帯がこんな事に使われるとしたら残念としか言いようがない。

私たちはテレビも車のない時代に生まれ物の溢れた今を生きています。トイレだって和式でも嫌だと思うくらいわがままになりました。こんな便利な時代に生まれた若い人はこの有り難い世の中を当たり前だと思っているからあんなバカな事をするのではないか?日本は豊かな国となりましたが心がそれについていってないとしたら残念でなりません。あおり運転といい、もう少し普通に今を幸せと感じて欲しいと思う昭和のギャルです。

今日は建国記念日、平和で恵まれた時代に感謝しなくてはいけません(^^)

愛媛マラソン

  • miura
  • 2019/02/10 (Sun) 08:21:11
一万円くれても出ない人もいれば一万円払って出たい人がいる、それも抽選で必ず走れる訳ではない。何故マラソンに1万人のランナーがいてテニスは人が減るのか?他のスポーツを知らないので人が少なくなってるのがテニスだけではないのかもわかりませんが、県でこれだけの人が集うマラソンの魅力はなんだろう?

スポーツには対人間と対時間があって、自分の性格にあった競技を選ぶのも上手くなる条件かもわかりません?その対人の中にも、個人戦と野球のようにみんなで戦うものがあり、得点で勝敗を決めるテニスと時間を設定して戦うサッカーや動いてる球を打つバトミントンがあり止まった球を打つゴルフのようにルールも色々です。自分の性格に合ったスポーツが出来たら結果もそれなりに伴うのかも?そう分析するとタイムが基準になるマラソンは1人でやれるので取っ付きやすく、テニスのように相手やコート道具となると出遅れるのもわからなくはない。マラソンなら空いた時間に出来るのは何よりのメリットです。集団でやる競技は人間関係から作りあげなくてはいけないので今の時代にそぐわなくなっているのかも?テニスもペアや相手と関わりコートの確保ダブルスなら4人は必要です。なかなか望みどおり集まるなんて無理な話でそう考えるとマラソンが何で好かれるのかわかるような気がします。

日本人の体質は武士の時代から?

  • miura
  • 2019/02/09 (Sat) 19:36:11
大好きな作家池井戸潤原作の「七つの会議」を観てきました。たまたまなのか?今国会で議論となっている厚労省の不適切調査やレオパレス21の施工不良問題と重なって、それがどこにあるか?を作者が捉えてました。
日本人は組織に入るとそこから出る事や人と違った事をするのが苦手なのか、上司に反旗を翻すなんて事は以ての外で、それが何処にあるかと言うと、武士の時代からで殿の為ならの忠誠心が今も根強く残っているのだと言ってました。確かに上司に逆らえないのはその時代からで下手すると御家断絶切腹ものですからNo!何て選択肢はありません。それが明治・大正・昭和・平成が終わりかけてる今も残っているのではないでしょうか?嫌なものを嫌と言えないのは私もそうです。仲間外れになりたくなかったり嫌われたくないと思うのは誰だってあります。でも平成が終わりを迎える今、改ざんや隠蔽はなくさなくてはいけないし悪いこと悪いと言える社会でなければいけないのです。
主演の野村萬斎さんは多少演技が狂言ぽかったですが内容は素晴らしくいいものだったと思います。私も人に流されるず自分の生き方だったり考え方そしてテニスに対する姿勢は自分らしくいたいと今日の映画で影響を受けて参りました。

今治シングルスエントリー完了、エンドレスから7名参加です。

昨日の出来事・・

  • miura
  • 2019/02/08 (Fri) 13:30:28
昨日は孫の2歳の誕生日!ケーキを予約してたので届けたがその後の誕生会はどうだったのか?少し前の私なら一緒にお祝いしたい!と思ったのだろうが今はそんなもんなんか⁈と思えるようになった。歳をとったからでも人間が出来てきたのでもなく期待をするのを諦めたから。朝のクラブでも同じような話を聞くので子供も結婚し家族が出来ると親との関係も変わるのは何処も同じなのだ。親はいつまでも子供に執着してもこれは永遠ではなく、親は自分が出来るだけ子供の世話にならないよう終末を迎える事を考えるべきなのですょね〜

人は頼まれるタイプと頼むタイプがあって、どちらかと言うと私は気が弱いので頼まれる事が多く、それが溜まりに溜まって時々爆発する。誰かに甘えたいな〜とかわがままを言ってみたいと思う事もあるが自分に自信がないから言えないのだと思います。これがテニスにもあらわれてくるようで気の強い人と組むと圧倒され潰れてしまいます。逆に頼られると普段以上に頑張るのもこの性格からきてるのかも?多分緊張がない方が私はいいのかもわかりません(^-^;
体はサンドバッグのようでも打たれ弱いおばはんです(泣)

真逆の真実

  • miura
  • 2019/02/07 (Thu) 15:16:16
我々が学生の頃は部活で水を飲む事を禁じられていました。でも今は水分も塩分も摂らないと倒れてしまいます。糖尿病なら塩分制限になるが、汗をかくと塩分補給をしなくてはいけません。ご飯はいいものかと思っていたら炭水化物のとりすぎは良くないと言われ、コーヒーのカフェインも昔は悪いと言われていたが今はダイエットや美容だけでなく糖尿病予防にもなるらしい。テレビで病気予防の食材が出る度スーパーからその商品がなくなる。血圧が高めの人はニンニクを刻んでオリーブオイルで炒めたものを料理に添えると血圧が下がるみたいです。魚は長生きの優等生のようだったのが今は長生きしてる人は肉が好きである。科学の進歩についていけないと思いつつもテレビで言われるとついつい買ってしまうのは業者の思う壺かはたまた本当に体にいいのかはわからないがテレビの影響力とはすごいものですね。

最近あおり運転と言う言葉を耳にします。昔は良く鳴らしていたクラクションも簡単には鳴らせないし、注意も逆ギレされたら怖い。その前にそもそもそれくらいでイライラするようになった今の時代をもう少し考え直さないと、このストレス社会はどうやったら良くなるのでしょう?ドライブレコーダー、マジ考えねばか弱き乙女はハンドル握れません(苦笑)

テニスも俯瞰して見ると今日の休みは正解のように思います。(体幹トレーニングしてきました(^^)

ラケットの進化

  • miura
  • 2019/02/06 (Wed) 13:19:26
ナイターの若い子たちからラケットをプレゼントしてもらい10年ぶりくらいに新品ラケットになりました。どうなる事かと心配しましたが今のラケットはすごい!新しいのもだが反発力もありとにかく打ちやすい。昨日は嬉しくてサーブを500球程打ったがネットにかかることもなくいい感じでした。これが=結果ではないが今は新しいラケットの感触を楽しんでる状態です。

自分が対価を払ってコートを借りるとあじさいのようにゆったりとはしていられなくて2時間ほぼ休みなくコートに立っていました。今日はちょっと疲れてヨガをサボってしまいましたが明日のピラティスは受けねばと思っています。こちらも大事な身体のメンテですから・・

畳と何とかは新しい方がと言いますがラケットもその通りです。ラケットはそんなに簡単にチェンジは出来ませんかガットくらいは切れなくても張り替えるのもいいもんですょ(^ ^)個人的には女房は古くてもいてくれるだけで有り難いと思います(^^)

今日は小雨の中決行したテニスでしたが、寒くて家の風呂に直行でした。やはり今は2月無謀な練習でした(^^;;